日本国内での太陽光発電の普及率についての説明

15 1月

日本では近年太陽光発電パネルを導入している業者が多くなっており、それと同時に利用者についても比例して増加しています。

そこで日本国内における普及率について、一体どのような傾向になっているのか調べていきます。

国及び政府の調査記録では、太陽光発電の国内の普及率は大体6から7%前後ということが発表されています。

平成21年の調査時では普及率が約1から2%だったので、ここ数年で急速に太陽光発電の需要が上昇していることになります。

このように急速に普及率が上昇した背景には、平成23年に発生した東日本大震災が大きく影響しています。

この際に多くの住宅が被害にあってしまい、それによってガスや水道などが使用出来なくなってしまいます。

そのため太陽のエネルギーを活用出来る太陽光発電という装置が、日本国内で注目されるようになります。基本的に太陽という自然のエネルギーを使うため、使用中で補給出来なくなるといったことがないのが魅力です。

また仮に自然災害の影響によって、電気やガスが使えなくなった場合でも予備電源として活用することが出来ます。そのため通常通りにガスや水道が使えるようになるため、それによって得られるメリットが非常に大きなものとなっています。

人は生活スタイルが変化することによって、強い不安やストレスを抱えてしまうことが多いので注意が必要です。日本国内での普及率が確かに上昇していますが、誰でも使用出来る装置や設備ではないです。

基本的に屋根に大型のパネルを設置することになるので、導入出来るのは一戸建てか広い敷地内となります。なので利用者についても、一戸建て購入者もしくは企業での注文者のみとなっています。

また実際に申し込みをした場合においても、太陽光パネルを設置するためには多少の時間がかかることも注意点となります。一般的に数日から数週間ほどかかることがあるため、その点については前もって認識しておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です